2006年12月02日

養育医療(母子保健法)について

○該当される新生児
出生児体重2,000g以下・在胞週数37週以内または、身体発達が未熟なまま出生した乳児であった医師が入院を認めた新生児。

○医療費算出方法
健康保険の診療報酬の例による算定額から医療保険各法により、給付される額を差し引いた額を現物支給する。ただし世帯の税額に応じた自己負担金を徴収する。

○該当する医療機関
指定医療機関であること。

○期間
最高承認期間は生後1年(翌年の誕生日の前日まで)

○必要となる書類
1.主治医による意見書
2.健康保険証(申請する子供の名前が記載されていること)
3.所得税額を証明するもの。(原本)

○医療費対象外のもの(自費扱い)
オムツ代、証明書など

タグ:養育医療
posted by nicu at 01:35 | 養育医療(母子保健法)について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ピジョンインフォ
先輩ママに育児相談ができる!妊娠・育児情報も満載!
子育て応援サイト ピジョンインフォ ピジョンインフォ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。