2006年12月02日

神奈川県 産婦人科

周産期と呼ばれる分娩(出産)前後は、母体やあかちゃんの命にかかわる突発的な事態が起こりやすい期間です。

そこで産婦人科医と新生児科医が連携し、地域の診療所・病院のネットワークの中心として、専門的な医療を行う”周産期母子医療センター“の整備が進められました。現在、全国に269施設、うち17施設が東京都にあります。


<総合周産期母子医療センター>

M−FICU(母体・胎児集中治療管理室)病床を6床以上、NICU(新生児集中治療管理室)病床を9床以上有し、母及び児に対する高度な周産期医療を提供できる医療機関

神奈川県立こども医療センター
北里大学病院
東海大学医学部付属病院


<地域周産期母子医療センター>
NICUを有し、比較的高度な周産期医療を提供できる医療機関

聖マリアンナ医科大学病院
横浜市立大学医学部附属市民総合医療センター
聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院
国家公務員共済病院連合会総合病院横須賀共済病院
小田原市立病院
日本医科大学武蔵小杉病院
独立行政法人労働者健康福祉機構横浜労災病院
横浜市立大学医学部附属病院
藤沢市民病院
昭和大学藤が丘病院
昭和大学横浜市北部病院
茅ヶ崎市立病院
JA神奈川県厚生連相模原協同病院
社会保険相模野病院
posted by nicu at 02:14 | 神奈川県 産婦人科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ピジョンインフォ
先輩ママに育児相談ができる!妊娠・育児情報も満載!
子育て応援サイト ピジョンインフォ ピジョンインフォ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。