2006年12月02日

愛知県 産婦人科

周産期と呼ばれる分娩(出産)前後は、母体やあかちゃんの命にかかわる突発的な事態が起こりやすい期間です。

そこで産婦人科医と新生児科医が連携し、地域の診療所・病院のネットワークの中心として、専門的な医療を行う”周産期母子医療センター“の整備が進められました。現在、全国に269施設、うち12施設が愛知県にあります。


<総合周産期母子医療センター>

M−FICU(母体・胎児集中治療管理室)病床を6床以上、NICU(新生児集中治療管理室)病床を9床以上有し、母及び児に対する高度な周産期医療を提供できる医療機関

名古屋第一赤十字病院


<地域周産期母子医療センター>
NICUを有し、比較的高度な周産期医療を提供できる医療機関

名古屋市立城北病院
名古屋第二赤十字病院
一宮市立市民病院
豊橋市民病院
安城更生病院
小牧市民病院
半田市立半田病院
トヨタ記念病院
厚生連海南病院
公立陶生病院
岡崎市民病院
posted by nicu at 02:16 | 愛知県 産婦人科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする


ピジョンインフォ
先輩ママに育児相談ができる!妊娠・育児情報も満載!
子育て応援サイト ピジョンインフォ ピジョンインフォ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。